<ある日セミョーノフは…>

 ある日セミョーノフは散歩に出かけた。とても暑い日だったので、セミョーノフは川で水浴びすることにした。
 セミョーノフはかなり長い間ぶらぶらしていたが、とうとう疲れてしまって、傍らを小川の流れる草はらに腰を下ろし、休憩した。
 暑い日だった。セミョーノフは川で水浴びすることにした。

1930年代半ば