水の円

ゼロが水のうえを泳いでいました
これは円だとぼくらは言いました
だれかが水に石を投げいれたにちがいありません。
ここをペーチカ・プローホロフが散歩していました
これは靴釘のついた彼のブーツの仕業です。
あの人がこの円を創ったんです
早く紙と絵の具をください
ペーチカの創ったものを描いてあげましょう。
そうしたらプローホロフがプーシキンみたいに思えますよ。
そうして何年もすれば
あとの世代の人たちはこう考えるでしょう。
「昔いたプローホロフという人は、
きっとえらい芸術家だったんだろう」
そして子どもらにこう教えるでしょう。
「子どもらよ水に石を投げいれなさい。
石が円を生みだすだろう、
その円は思考を生みだすだろう。
円に呼びだされたその思考は、
ゼロを闇のなかから光のほうへ呼び招くだろう」

おしまい

1933年9月19日火曜日