ムィシンの勝利

 ムィシンに言った。「おい、ムィシン、起きろよ!」
 ムィシンが言った。「起きない」そうして床に寝っころがりつづけた。
 するとカルーギンがムィシンのもとにやって来て、言った。「ムィシン、お前さんが起きないんだったら、私が起こしてあげますよ」「断る」床に寝そべったまま、ムィシンが言った。
 ムィシンのもとにセリズニョーワがやって来て、言った。「ムィシンさん、あなたいつまでも廊下の床に倒れているから、往き来するのにジャマだわ」
 「ジャマしてたし、ジャマするよ」ムィシンが言った。
 「さあ、いいか」コールシュノフが言いかけたところを、カルーギンが遮って口をはさんだ。
 「どうしてこんなところで長話しなきゃならんのですか! 警察を呼んでください」
 警察署に電話をして、警官を呼んだ。
 30分後に警察官が掃除夫を連れてやって来た。
 「どうしましたか」警察官が尋ねた。
 「ご覧になれば分かりますよ」コールシュノフが言いかけたところを、クルィギンが遮って口をはさんだ。(※訳注:恐らくクルィギンは前出のカルーギンと同一人物
 「ほら。彼はずっとこの床に寝そべって、私たちが廊下を歩くのをジャマしているんです。何とかしてこの人をどかそうと…」
 だが今度はセリズニョーワがクルィギンを遮った。
 「わたしたちどいて下さいってお願いしてみたのよ。でもどいてくれないの」
 「そうなんです」コールシュノフが言った。
 警察官がムィシンのそばに来た。
 「あなた、どうしてここで寝ているんですか」警察官が訊いた。
 「休んでるのさ」ムィシンが答えた。
 「あなた、ここは休むところじゃありませんよ」
 警察官が言う。「あなた、お住まいはどちらですか」
 「ここだよ」ムィシンが答えた。
 「お部屋はどちらですか」警察官が訊く。
 「彼は私たちのところにいることになっています。でも個部屋はないんです」クルィギンが答えた。
 「あなた、ちょっとお待ちください」警察官が言った。「私はいまこの人と話しているんです。あなた、どちらでお休みになっているんですか」
 「ここだよ」ムィシンが答えた。
 「失礼ですが」コールシュノフが言いかけたところを、クルィギンが遮って口をはさんだ。
 「彼はソファーだって持ってないんですよ。むき出しの床にじかに横になっているんです」
 「この方には皆さん以前から不平を鳴らしておられて」掃除夫が言った。
 「廊下を歩くことが全然できないんですからね」と、セリズニョーワ。「いつも男の方をまたいで行くなんて、わたしできませんよ。ところがこの人ったら、わざと足を出してくるんですよ、そればかりか腕も伸ばしてきて、それに仰向けになっているもんだから覗いてくるんです。仕事から疲れて帰ってきて、休みたいのに」
 「さらに言えば」コールシュノフが言いかけたところを、クルィギンが遮って口をはさんだ。
 「夜もここで寝ているんです。暗いからみんな彼につまずくんです。私は彼のせいで自分の布団に穴を開けてしまいましたよ」
 セリズニョーワが言う。
 「彼のポケットからはいつも釘みたいなものがこぼれてるんです。廊下を裸足で歩くことができません。いまに足を怪我してしまうわ」
 「皆さん先ほど灯油で彼に火をつけたがっておられました」掃除夫が言った。
 「灯油を浴びせてやったんです」コールシュノフが言いかけたところを、クルィギンが遮って口をはさんだ。
 「灯油をかけたのは怖がらすためだけですよ、火をつけるつもりはありませんでした」
 「ええ、自分のいる前で生きた人間が焼かれるなんて御免だわ」セリズニョーワが言った。
 「ではなぜこの人は廊下に寝ているんですか」突然警官が口を開いた。
 「なんですって!」コールシュノフが言いかけたところを、クルィギンが遮って口をはさんだ。
 「なぜなら彼には他にいる所がないからです。この部屋には私が居りますし、ここには、ほら彼女が、こっちには彼が、で、ムィシンはこの廊下に住んでいるというわけです」
 「それはいけませんね」警察官が言った。「全員がご自分のご住居でお休みにならないと」
 「でも彼には他に住む所がないんですよ、廊下以外にはね」クルィギンが答えた。
 「その通り」コールシュノフが応じた。
 「ほら彼はずっとここに寝ているでしょ」セリズニョーワが言った。
 「それはいけませんね」警察官は答えて、掃除夫を連れて帰っていった。
 コールシュノフがぴょんぴょん跳びはねながらムィシンに近寄った。
 「どうして?」彼は叫んだ。「ここがどう気に入ったんですか?」
 「ちょっとお待ちを」クルィギンが言った。そしてムィシンのそばまで来ると、こう告げた。
 「警官の言っていたことが聞こえたでしょう? 起きろ!」
 「起きない」床に寝そべったまま、ムィシンは答えた。
 「この人は今わざとここにいて、これからもずっとこの場所に寝つづけるんだわ」セリズニョーワが言った。
 「間違いない」クルィギンがじれったそうに答えた。
 コールシュノフも口を出した。
 「疑いないですね。火を見るより明らかです!」

1940年8月8日(火)