マルシャークへの手紙(1940年3月25日)

マーカー部分は最後に訳注あり

マルシャークへの手紙
(レニングラード 1940年3月25日)

 親愛なるサムイル・ヤーコヴレヴィチ。いまガルブゾフと会ってきたところです。『子どもの暦』のために、自分も何かできれば幸甚です。あなたがこの出版事業を指揮しておられるのですから、うれしさも格別です。わたしにとっては我が家に帰るようなものなのです。
 ひとつお頼みしたいことがあります。わたしはモスクワの児童出版所に700ルーブルの借金があるのですが、毎月わたしのところに執行官がやって来て、持ち物を差し押さえようとしてきます。
 先刻モスクワのスライド・フィルム社からお手紙を頂戴しました。わたしの訳した『プリフとプリュフ』を出してもらえることになりました。そこで、児童出版所の経理部に一筆したため、わたしの代わりにスライド・フィルム社からお金を受け取ってくれるよう、お願いしておきました。執行令状のほうも取り下げてくれるように、と。ですが、返事がありません。執行官も相変わらずやって来ます。あと少しだけお待ちいただいて、スライド・フィルム社からお金を受け取ってくださるよう、ヤールツェフに軽くでよいので言付けていただけないでしょうか。そうすれば執行令状はすぐにも取り下げられるでしょう。彼らのおかげですっかりへとへとです。
 親愛なるサムイル・ヤーコヴレヴィチ。あなたが来てくださると聞いて、天にも昇る心地です。
 ソフィヤ・ミハイロヴナにもよろしくお伝えください。

あなたを敬愛する
ダニイル・ハルムス

訳注1)マルシャーク:サムイル・ヤーコヴレヴィチ・マルシャーク。『森は生きている』などで知られるロシア児童文学の重鎮。ハルムスをはじめとするオベリウ派の才能に逸早く注目し、彼らが児童文学雑誌に作品を発表できるようにした。

訳注2)ガルブゾフ:『子どもの暦』の責任編集者。なお、この『子どもの暦』にハルムスは数篇の詩を寄稿した。

訳注3)ヤールツェフ:児童出版所の取締役。

訳注4)ソフィヤ・ミハイロヴナ:マルシャークの妻。ちなみに、ロシア人の名前は「名前・父称・姓」から成っており、「ソフィヤ・ミハイロヴナ」のように、「名前・父称」の順で呼ぶと、敬意の表明になる。