オベリウの作品

ここでは、「ハルムスの仲間」で紹介した詩人の作品を翻訳紹介します。

★印は特におすすめの作品です。

ザボロツキー『気狂い狼』(1931年)←昔訳したので、誤訳が多いかも…

ヴヴェジェンスキー『イワーノフ家のクリスマス』(1938年)★

オレイニコフ『ゴキブリ』(1934年)
 (※厳密にはオレイニコフはオベリウのメンバーではありません)

ヴァーギノフ『スヴィストーノフの仕事と日々』(1928-1929年)
(※長編小説からの一部抜粋です)