おじいさんの死

 おじいさんの鼻から小さな玉が飛び出して、地面に落ちた。おじいさんはその玉を拾おうとして身を屈めた。そのとき彼の目から小さな棒切れが飛び出して、やっぱり地面に落ちた。おじいさんは驚いて、どうすればよいか分からないまま、唇をぷるぷる震わせた。そのときおじいさんの口から小さくて四角いものが飛び出した。おじいさんは口を手で押さえたが、このときおじいさんの袖口から小さな鼠が飛び出した。おじいさんは恐怖のあまり気分が悪くなり、倒れてしまわないようにしゃがみ込んだ。しかしそのときおじいさんの中で何かがバリンと割れて、まるで柔らかな天鵞絨のシューバのように、地面にくずおれた。このとき、おじいさんの体に開いた破れ目から細長い小枝が飛び出した。その先端にはやせこけた小鳥がとまっていた。おじいさんは叫び声を上げようとした。しかし顎がもう一方の顎の裏に入り込んでしまった。それで叫ぶ代わりにただ弱々しいしゃっくりを一つして、片目を閉じた。もう片方の目は見開かれたまま動きが止まり、輝きも失い、微動だにしなくなり、濁ってしまった。まるで死人の目のように。このようにして、自分の潮時を知らなかったおじいさんに、狡猾な死が訪れたのだった。

1935-1936年